家の壁の中から子猫が出てきた! 嘘のような本当の話

家の壁の中から子猫を救出する感動的な動画です。
そもそも、なぜ子猫が家の壁の中にいたのか不明のままなのですが、
とにかく小さな命が救われて本当に良かったですね!

大工さんが壁に穴を開けて、子猫が救出されるシーンから始まるように設定しています。
巻き戻せば全編も見られます。詳しい状況は、下記をお読みください!

壁の中から子猫が救出されるまで

家の壁の中から、なんと子猫の鳴き声が…!
なぜなのか不明ですが、このままでは子猫が死んでしまいます。

大工さんに来てもらって、綺麗な新しい家なのですが、「命のほうが大事!」と、壁に穴を開けています。

▲子猫が鳴いている場所に、ピンポイントで穴が開きました。
果たして、壁の中に、本当に子猫がいるのでしょうか…?

家の壁の中から子猫が出てきた! 嘘のような本当の話

いました!壁の中から救出されたばかりの写真です。
まるで竹取物語のようですが、嘘のような本当の話です。

▲三毛猫の子猫です。こんなに可愛い顔をしています
暗くて狭い場所に閉じ込められて、さぞかし心細かったに違いありません。

子猫が救出された詳しい状況

子猫が救出された詳しい状況は、以下、掲載者さんの説明をお読みください♪

2015年9月14日の朝方から家の中のどこからか子猫の鳴き声がする。
最初は外で鳴いていると思ったが、やはり家のどこからか聞こえてくる。

床下に子猫が迷い込んだのかと考えたが、床下に入れる隙間はない。
あちこち耳をすまして鳴き声を聞いてたら、
四方八方が部屋で囲まれている1階の壁の中から聞こえるぞ!

そんなバカな。上には2階がある。まさか。
しばらくしたら、鳴き止んだので、どこかに行ったんだなと思ってたら、
また夕方4時くらいから鳴き出した。

どこからどう入ったのかわからないが、もうどうでもいい。
早く助けてやらないと死んでしまう。
朝方に声を聞いてから10時間くらい経つ。

大工さんに連絡して来てもらい、ピンポイントに場所を確かめてもらい、
猫を傷つけないように壁をくり抜いてもらったら、
なんと、奥行き15cm、幅30cmの隙間に子猫がいたんです。

まさに竹取物語のようだ。
考えられるとしたら、壁は上は空洞になっているので、
上から落ちて来たとしか考えられない。

カラスが子猫を捕まえて家の屋根の上に落としたのか、隠したのか?
家は新しく雨漏りなどないし、子猫さえ入れる穴はないはずなのだが。
大工さんも驚くとともに不思議がってた。

救出した子猫はすぐに動物病院へ。命に別状なし。元気だ。
もちろん、この子猫は我が家の家族に。

もともと我が家は猫と一緒に暮らしおり、
この壁から出てきた子猫で14匹になりました。

その後、この子猫がどうなったのか気になりますよね?
ぜひ、下記の映像もご覧ください。元気です!

救出された子猫のその後は?

先住猫さんたちとも、仲良くやっているようです。

この映像では、同じ三毛猫の茶玉ちゃん(先住猫)と、一緒に寝ています。
茶玉ちゃんは、子供を産んだことのないメス猫ですが、
子猫の面倒をよく見てくれる猫なのだそうです。

子猫は身体も大きくなって、元気に育っています。
優しい飼い主さんに救出してもらって、本当に良かったですね(=^・^=)

「ママ助けて~」子猫が高い木に登って大ピンチに!

▲こちらの動画も併せてご覧ください♪ 母猫が子猫の救出に向かいますが…
「ママ助けて~」子猫が高い木に登って大ピンチに!